スポンサーサイト

--/--/--.

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症状が出ている時

2015/03/14.

04:35

クランベリーのサプリメント口にしてもらうまで
私にとっては結構試行錯誤しながら大変だったのですが、
残念ながらこの間にも膀胱炎の症状が数回出ておりました。

一度症状が出ると1時間以上部屋の中を徘徊しながらシッコポーズをし続け、
おおよそ同じ位置を繰り返しウロウロします。
そのため、ユニの後ろをトイレシートを持った私が付いて周り、
しゃがんだらササッと敷き込む、、というのを繰り返しておりました。
この行為がユニのストレスになるという話もありますね。

そこで、はじめてオムツを履かせてみました。
いや結局ストレスになるな、、と当然思いましたけどね。普段裸ん坊ですし。
ただオムツ履いてる感以上に膀胱炎の症状が勝っていたようで
履きつつもウロウロしながら少量のオシッコをオムツの中でしていました。

私的には大変楽チンでした。(ササッと履かせるのはそこそこ大変だった。)
この間に温かいサプリ入りちゅ〜るを用意したりして、様子を見守ることが出来ました。
1時間程経って少し落ち着きつつある頃合いにオムツを脱がしてあげました。
自分でメンテナンスしたいだろうし。。
その後、まだ少しウロウロしていましたが、間もなく落ち着きました。


オムツ、、もうちょっと早く気付いていれば良かったです。
膀胱炎の症状が出ると、すべての作業をストップして掛っきりとなってしまい
「はぁ、、またか、、」と正直私自身もストレスを感じていました。

しんどいのはユニ子なのに、私の心も荒んでしまう猫の膀胱炎は
決して侮れない病気なのです。

DSC_0040_201503150419024b7.jpg
※こちらの記事は、先日病院へ行く前(検査結果が出る前)に作成していたものです。
 病院では特に注射や薬は処方されませんでしたが、その後は膀胱炎の症状は出ておらず
 今のところ落ち着いています。

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

サプリメントの与え方

2015/03/14.

04:30

※こちらの記事は、先日病院へ行く前(検査結果が出る前)に作成していたものです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

慢性的に膀胱炎を発症してしまうユニ。
その都度、病院で抗生物質の注射や薬を処方してもらっていたのですが、
やはり抗生物質が効かなくなってきている可能性もあるようです。

今までの様子を見ていると、確かに一時的には身体が楽になるんですけどね。。

そこで2月半ばから始めたクランベリーのサプリメントを与えること。
(検索すると泌尿器系の疾患に良いと出てきます。)

そのサプリメントを与える為に使用することにした「チャオちゅ〜る(とりささみ)」。
最初は戸惑いつつも、今は手に乗せると直接食べてくれるようになりました。

水分の摂取量を増やしてあげた方が良いとの情報もあり、
しばらく1日1本をカリカリと併用して与えていこうと思います。
今のところ吐いたりすることもなく、ウンチョスも大丈夫な様子。

以前記した通り、強制給仕が必要な場合があるため固形物が入っていない
とろとろタイプのちゅ〜るはとても優秀な素材です。
ゼリー状になっているベーストタイプでは、粉末状のサプリと混ぜる際にダマになってしまい、
注ぎ口に詰まってしまうのです。

その為現在は、ピルクラッシャーで粉砕したサプリを更にすり鉢で滑らかにし、
ちゅ〜るに混ぜ、少しのお湯で伸ばして容器に詰めておき冷蔵庫で保管。

与え時を見計らって、予め湯煎で温めておき、
手の甲で確認してから寝床から起きてきたお嬢さんにオススメしてみます。
このまま食べてくれれば、少しずつ手の甲に出しながら与えますが、
プイッとそっぽを向くようであれば、強制的に口の中にプチュッと流し込みます。
これで「美味しいかも!」と気付いてくれればこっちのモンですね。


余談ですが、私個人的に魚肉系はニオイがダメでした。
ユニは食べてくれたのですが、作業中におえぇぇーーっとなるので
トリささみを愛用していくことにしました。^^;

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

検査結果!

2015/03/10.

01:33

DSC_0028_201503100045378e8.jpg
チロがまったりしておりますが、、
土曜日、シッコと共にユニ子を連れて病院へ行ってきました。

クランベリーのサプリメントを与え続けておりましたが、
その間にも膀胱炎の症状(トイレ以外のあちこちでシッコポーズを繰り返す)が数回出ており、
このまま様子見でいいものか、辛抱溜まらず病院に予約を入れました。。

シッコ採りを召使いに委ね、僅かに採れたユニシッコ。




まさかの細菌なし!その上潜血もなし!
と三週間前に比べてシッコ検査結果は良好!!
DSC_0128.jpg

クランベリーのサプリメントを与えて18日間程、
まさかこんなに早く効果が見られるなんて思いもしなかった。

先生も驚いた様子で、検査結果を持ってきた、、と召使いが言ってました。


、、、今回、召使いがユニ子を連れて行ったので、私はその現場におらず、
な〜〜〜ん〜〜か、手柄を召使いに取られた感じです。(くそーー)

取りあえず、また様子見ということで
1ヶ月後にまた再検査ということになりました。

今後のためにオムツも用意しました。
膀胱炎の症状が出ている時の様子はまた投稿しますね。

帰宅すると「また騙されたー」とキャリーから飛びだすユニ子。
何故かたまに見るキャリーに惹かれてしまい、ついつい入ってみたくなるチロ。
またその逆もあったり。^^

DSC_0044_201503100045368af.jpg
今回私が同行しなかったのは、チロのためです。
豪快姉さんに見えて、とても甘えっ子で寂しがり屋。
しっかりと私の行動を見ているのです。

だから、1時間くらいとは言え、一人でお留守番させるよりも
1時間チロとラブラブの時間を過ごしたかったのです。


テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
Twitter...
ご紹介
◆過去ブログ(楽天ブログ)はこちら!
◆当ブログはリンクフリーです。連絡不要です☆


◆イラストやアイコンはtigpigさんにお世話になっています!!


チロ (♀)
兄弟達が次々と居なくなり残されてしまった野良猫チロ。2002.9.28我が家へ。Felvキャリアで、いったんは陰転と診断されるも、実はウィルスが検査に引っ掛からない奥深いところへ身を潜めている可能性ありとのこと。白血球の数値は1000/μl台しか無いにも関わらず本猫は至って普通に過ごしている。脾臓が犬並みにデカイ。生粋のosakana☆LOVEなオニギリ顔も今年で13歳。こう見えてかーちゃんと召使いと川の字で眠る超絶甘えっ子。クッションマイスターでもある。2016.6月上旬から”透明”使いとなり困る私。。


DSC_0033.jpg
ユニ (♀)
ペットショップからやって来た2005.8.20生まれのアメ×スコMIX。私と同じくアレルギー体質と思われる。腎不全予備軍で療法食生活。現在腎臓は現状維持であるが、寒さに敏感で膀胱炎を発症しやすい。チロと猫団子になることは決してなく、かーちゃんストーカーである。永遠の3歳児。(本当は11歳)HITACHI静御前(洗濯機)の上が好き。


DSC_0085 5.41.33
かーちゃん (♀)
チロユニの母であるが、猫アレルギー持ちである。子供の頃のユニにビックリする程反応して初めて猫アレルギーであると知る。タバコやホコリ、直射日光、温度差などにも反応してしまうため吸入薬オルベスコは手放せない。


召使い (♂)
ペットを飼ったことがないにも関わらず、地域の方と協力してチロを保護することを決意した人。現在はチロユニの召使いであり、かーちゃんの夫でもある。「保護したのは自分なのに、、」と言うが、チロの耳には届かない。主に毛玉だらけのズボンでの出演が多い。

リンク
このブログをリンクに追加する


カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ウチ猫アイテム紹介
投稿したチロ写真が奇跡掲載☆
小さく2点載ってますYO!!



↓チロ用 PROにしました!




↓ユニ用




↑安価なこちらへ変えてもう大分経つな。


↑使ってみた!うむ、よい香りだ♪

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。